NEWS

デカフェが新しくなりました!

ワンランク上の透明感のある甘み、すっきりとした飲み口のスペシャルティデカフェ。不自然なデカフェ感のない優しい、透明感ある甘味が柔らかく香るメキシコのデカフェコーヒー。

【詳細】

商品名:メキシコ チアパス SHG EP 99.9%デカフェ(Mexico Chiapas SHG EP 99.9%Decaf)

原産国:メキシコ(Mexico)

地域:チアパス州(Chiapas)

品種:ブルボン、ムンドノーバ、カトゥーラ(Bourbon, Mundo Nova, Caturra)

生産者:小規模農家(Collected small farmers)

標高:1400-1700m

精選方法:マウンテンウォーター(Mountain Water Process)

デカフェ:外部機関にて99.88%カフェインフリー保証

フレーバー:フローラルアロマ、ハニーパーシモン、スムースフィニッシュ、クリーン&ジェントルアシディティ

●チアパスについて
・チアパス州はメキシコに31州あるうちの、南東部に位置し、東をグアテマラの国境と隣接、北部にベラクルス、オアハカ、タバスコ州、西を太平洋に囲まれています。
・少なくとも400,000以上の農家があり、その90%は12エーカー以下にコーヒーを植える小規模農家であり、そのうちの約30%は女性によって運営されています。

デカフェ処理に耐えうるメキシコでも最高品質を誇る高い標高で収穫される新鮮なコーヒー生豆を贅沢に使ったデカフェコーヒーです。
・チアパスは水資源に非常に恵まれた立地にあります。メキシコの新鮮な水資源の30%がこのチアパスから供給されていると言われています。その水資源の大部分を支えるメキシコで最も標高が高いオリサバ山(5636m)に湛えられた氷河の綺麗な水のみを使用して、薬品を一切使わずにデカフェイン処理を行っています。
・デカフェ処理を行うデスカメックス社はメキシコ産コーヒーの有名な輸出港があるベラクルス州にデカフェイン工場を保有し、コーヒーの適切な管理と迅速な輸出手続きでコーヒーの鮮度を守ります。

●プロセス

・コーヒー豆投入ホッパーに(1バッチ5トン)生豆を投入

・カフェイン抽出前段階として約一時間の吸水、膨張、処理が行われます。

これにより、豆の細胞壁が軟化し、成分が抽出しやすくなります。

・加圧、適切な温度管理、減圧等のプロセスを経てカフェインを抽出。(1度目の品質チェック)

・カフェインを抽出した豆を一次乾燥(4時間)

・振動水平乾燥機に投入し、60度以下に温めた熱風にて適切な水分量になるまで2次乾燥(4時間)

・垂直乾燥機に投入し、60度以下の熱風にて適切な水分量になるまで3次乾燥(4時間)(2度目の品質チェック)

・異物除去、研磨機にて異物を除去

・最終製品タンクに移されて3度目の品質チェックを受けた後、パッキング、出荷。