{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

ブラジル ポルテイラス農園 ニシオカ ナチュラル

¥3,200 税込

送料についてはこちら

国:ブラジル 標高:1470m エリア:バイーア州ピアタン 品種:カトゥアイ 農園名:ポルテイラス農園 生産処理:ナチュラル 生産者:ニシオカ・シュウイチ 香味:ヴァニラ、タータリック&マリック、ブラックティー、スパイス、ウォルナッツ、スムースマウスフィール 原材料名:コーヒー豆 内容量:250g 賞味期限:焙煎日から1年 保存方法:直射日光、高温多湿を避け、開封後はお早めにお召し上がり下さい。 【 農園情報 】 《 フルーツ生産農家の新しい挑戦 》 ポルテイラス農園は、近年ブラジルスペシャルティコーヒーの名産地として名高いバイーア州にある新興の農園です。この農園の生産者である日系ブラジル人のニシオカ・シュウイチ氏は、バイーア州の主要産業であるオレンジやパパイヤ、ココアなどを生産するフルーツ農家を営んでおり、農業技術を向上させながら現在は250ヘクタールという広大な敷地で、様々な農作物を栽培しています。  そうして長きに渡って農業に従事してきたニシオカ氏が、近年高品質なスペシャルティコーヒーの名産地としてブレイクしたピアタンの地で、コーヒー生産へ情熱や好奇心を抱いたのは自然な事だったのかもしれません。 《 最高高度のユニークな気候に魅せられ 》 ニシオカ氏の農業人生の集大成として取り組みをはじめたコーヒーの生産。彼自身が農業で培ってきた多くの知見や技術、近隣のコーヒー事業者のアドバイスや評価を分析しながら、農地選定には慎重に慎重を重ねたと言います。そして、ピアタンでも最高高度とも言える1470mという特徴的でユニークな微気候に恵まれたこの土地でコーヒーの生産が始まりました。  今はまだ生産を開始してまだ間もないポルテイラス農園。2ヘクタールほどの土地でカトゥアイ種の生産が行われ、まだまだ実験的な大きさですが、今後数年かけて本格的な生産体制を目指し挑戦を続けています。 《 ポルテイラスに込めた想い 》 ニシオカ氏の農業人生の新しい扉、そしてブラジルコーヒーの新しい可能性を開く扉となるように名付けられた“Porteiras(とびら)”農園。  繊細で華やかなフレーバー、自然な甘さ、複雑なアフターテイスト。そのようなユニークな味わいを目指し、そしてブラジルで最も高品質で驚きを与えられるようなコーヒーを目標に掲げています。

セール中のアイテム