{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

ブルンジ カヤンザ ネンバ ハニープロセス

¥3,200 税込

送料についてはこちら

国:ブルンジ 標高:1818m エリア:カヤンザ県カヤンザ 品種:ブルボン 農園名:ネンバ・コーヒーウォッシングステーション 生産処理:ハニープロセス 生産者:隣接する15集落2600名の小規模生産農家 香味:マンダリンオレンジ、ペアー、レモンピール、バニラ、ウォルナッツ、スムースマウスフィール、ロングアフターテイスト 原材料名:コーヒー豆 内容量:250g 賞味期限:焙煎日から1年 保存方法:直射日光、高温多湿を避け、開封後はお早めにお召し上がり下さい。 【 農園情報 】 《 ネンバ・コーヒーウォッシングステーション 》 ネンバ コーヒーウォッシングステーションは、首都ブジュンブラから約100km、カヤンザ県カヤンザの標高1818mに位置するコーヒーウォッシングステーションです。隣接する15集落2600名の小規模生産農家が、このウォッシングステーションを利用しています。それぞれの農家で育てるコーヒーの木は平均して300本程度ですが、シーズンピークになると、ウォッシングステーションの約200台のアフリカンベッドがいっぱいになるほどのチェリーが運び込まれます。    丘陵地帯に位置するこのエリアは、ブルンジの中でも特に肥沃な土壌環境と言われており、カボチャの生産などでも有名な産地の1つです。90年代初頭に建てられたネンバ・ウォッシングステーションは、この土地に暮らす多くの人々の雇用や収入源として受け入れられています。 《 高品質なコーヒーが生まれる背景 》 カヤンザ地域のコーヒーの品質が良いとされる由来は、ナイルの水源とも言われている豊富で純麗な水資源が大きく寄与していると言われています。特にネンバ周辺で生産されるコーヒーは、古くから高品質なブルンジコーヒーの代表格とされてきました。この地で生産されるコーヒーが持つ明るくフルーティで繊細な甘さといった代表的な風味特性は、生産処理における豊富で清潔な水資源に支えられ、クリーンカップを達成していると考えられます。 《 ハニープロセスへの挑戦 》 彼らが現在新たに取り組んでいるのがハニープロセスへの挑戦です。コスタリカへ視察した際に、このプロセスを学んだのがきっかけと言います。彼らは、ブルンジコーヒーの持つ、フルーティで繊細な風味を最大限に活かす事ができると、このプロセスに大きな可能性を感じたそうです。  まず他のプロセス同様に持ち込まれたチェリーを再選別し、熟度の高いチェリーを選別します。その後、果肉除去まで発酵が促進されないように冷涼な水を張ったタンクにチェリーを移し翌朝まで保管します。そして、翌日果肉除去を行うと直ちにアフリカンベッドまで運ばれ、乾燥工程に入ります。  ミューシレージによって豆同士が固まらないように、また均一な乾燥を可能にするためにもテーブルに対して広げる豆の量をウォッシュドに比べて1/4程度に抑えるように工夫しています。それでも乾燥時間は僅かに長く15日前後要すると言います。  ミューシレージの成分を活かすハニープロセスは、予想以上に繊細さを要求するものである一方で、今までのブルンジコーヒーには無い、彼らの理想とした風味を有していると言います。カップは、トロピカルフルーツの様なフレッシュで甘い風味が特徴で、ミカンの様な爽やかなフレーバーがアフターテイストまで持続します。

セール中のアイテム